水路上観察入門展フィナーレ@下北沢に行ってきました。

暗渠マニアックスさんプレゼンツ、『まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門』(2021/04刊 KADOKAWA)展のフィナーレ@下北沢に行ってきました!
同好会としてはいたばし暗渠グッズについて書くべきなのですが、会場である「本屋B&B」さんが個人的に素晴らしすぎて、感激して帰ってきました。

魂のこもった本屋って良いですね。
良書の中から本を探せる喜びがこんなにも大きいとは。
良い本屋で購った本には読む前から物語がついてくる。
読みながら、「あの本屋で買ったんだよな」っていう温かいオーラに包まれる。
引かれそうですがそういう新しい感動を覚えました。
そしてビール飲めます。素敵なテラスもあるのでぜひ飲んでください。

要の水路上観察入門展の方は、グッズ、セレクト書籍のコーナーの他に店内に暗マニさんの展示が散りばめられ、店内の書籍と併せて1時間以上は余裕でいられます。
安定の独自視点がすごい。
なにもないところからいろいろ生み出すその観察力と分析力、調査力、そしてベースにある知識。
見れば見るほど深読みできる展示となっております。
展示を見てから暗渠を歩くか、歩いてから展示を見るか。いや、暗渠を歩いて展示を見てまた歩く。最後に戻ってビールを飲む、が正解かも。

これを読んでくださっている方はいたばし暗渠グッズはすでにお持ちの方も多いと思うので、今更そこには触れません。
入門展、本屋B&B、そして懐の深い街下北沢、そういったものをお楽しみいただければと思います!

関連記事