【終了イベント】「2/26,27開催・いたばしデザインマート」と「高島平おちょこ」のこと

【この終了イベントは終了しました。大盛況ありがとうございました!】
【この記事はいたばしデザイン同好会の内容です】

2022/2/26,27に、東京都板橋区南町にある地域拠点「11-1 studio」にていたばしデザインマートを開催します。

2022/2/26,27 12:00~18:00
@11-1 studio
東京都板橋区南町11-1
池袋駅徒歩15分 要町駅徒歩8分 高松郵便局バス停徒歩5分

いたばしデザイン同好会は1年余前に立ち上がり、基本はオンライン販売のみで活動してきました。主催でのリアル販売はこれが初めてです。
当日の取り扱いグッズについてはこちら

同好会は「地元のおもしろグッズを作りたい。なぜなら自分たちが欲しいから」という思いから生まれてます。販売はその楽しみを同好の士に広げる最重要な活動で、同好の士となれば、やっぱり顔が見たいなぁと思うわけです笑

会場の11-1 studioは、目の前の道路はもう豊島区という立地で、池袋に近く、地域の活動拠点を目指している場所。もともとは町工場だった建物を、オーナーの一級建築士砂越さんが、工房・カフェを備えた超素敵空間にリノベーションしました。マートの開催日には、シェアキッチンを利用して営業されている「ハナの部屋カフェ」さんも出店されるそうで、美味しいお茶、お菓子を楽しみながらいたばしグッズを眺めて癒やされる、なんてトリッキーなことができるレアな機会です。池袋のついでに寄れる立地ですので、これを機に是非お越しいただければと思います。南町や池袋にちなんだアイテム、いたばしニューアイテムも出るかもしれません!

ニューアイテムと言えば間違いなく出るのはこちら。「高島平おちょこ」です。

これは、昨年暗渠マニアックスさんに協力させていただいて開催した「高島平×水路上観察入門展」のときに作った高島平のロゴを流用したものです。暗渠Tシャツのデザインでお馴染み、同好会のものづくり大好きデザイナーミヨさんがデザインしました。「団地」「ガスタンク」「前谷津川」がプロットされています。これをおちょこにしたいという話はかなり前からしていたのですが、マートの開催に合わせて作ろうということになり、このタイミングでデビューします。

おちょこですので、ネットの情報が届きにくい世代にも楽しんでほしいということで、今回は高島平新聞に広告も出すことになりました。2月の新聞発刊日が14日ですので、それに合わせての販売開始。

サイズは5勺(約90ml)とちょっと大きめ。お酒だけでなく、ちょっとお茶を飲んだりしたいときにも最適サイズです。僕の娘は5勺のおちょこで牛乳を飲んでいます。

販売はWEBサイトですが、今回は新高島平にある若松屋酒店さんで常時販売されます。現在三代目となる小林健太さんは、かの「高島平ビール」を仲間たちと作り上げた、地元愛にあふれる熱い男。でも人当たりは極めて柔らかい優しい人ですw そんな健太さんのご厚意で、今回お店に置いていただけることになりました。雰囲気のいい店内には選りすぐりの日本酒、焼酎、その他のお酒などが盛りだくさんですので、ぜひ気になる一本とともにおちょこをお求めいただければと思います。ご家族で営まれているアットホームなお店ですので、好みなどを伝えればお酒を選ぶ手伝いもバッチリしてもらえますよ!

若松屋さんについては以下の記事も参考にしてください。
Amazonで何でも買える時代。酒屋の価値を高島平『若松屋酒店』三代目に聞いてきた -いたばしtimes-
高島平「若松屋酒店」 -板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティのブログ-

今年1年、ちょっとずつリアルに進出していきます。生暖かくご注目ください!

関連記事